FC2ブログ

She Said She Said by Sally

イラストコミック描いてます

This Boy - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)


YouTube で見つけた動画
The Beatles の Cover です
こういう動画を 観ると あァバンドやりたいなァ〜 とか思います

ちゃんと 声をだして歌いたいなァ とか
何よりハモりたい !!
ハーモニー とか決まると ホント気持ちいいものね ♪

いいなァ バンド!!
うちは 宅録専門で 音なんて そんな出せないしねェ…





もう 一曲

If I Fell - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)




いいなァ… チェロとかも欲しくなりますね…






スポンサーサイト
  1. 2017/07/01(土) 07:20:51|
  2. The Beatles

みずうみ 1



その日 ボクは 退屈だったので
地図にのっていない みずうみに出かけた

そこは 誰もいない 誰もしらない みずうみ

フゥ ここは とても静かで 美しいな

でも 何もない まるでキレイな風景写真の中に
そのまま入ったみたいだ

ぼくは 足下の石をひろい
みずうみに投げ込んだ

すると

みずうみの中から 美しい女神が 静かな微笑みをたずさえ現れた
その両手には それぞれ 石が持たれている
右の手には まばゆく光る金の石 左の手には ただの石


そこの若者 お前が投げ込んだ石は
この光る金の石か?それともこちらのただの石か?


ぼくは迷わず答えた

その光る金の石です!!







  1. 2017/07/03(月) 05:37:55|
  2. みずうみ

みずうみ 2



女神は 一瞬ゾッとするような冷たい眼差しで 
ボクを見ると


私は この世界で起こる
ありとあらゆる出来事を見ています

私は 全てを知っています

もう一度 聞きましょう
あなたの投げた石は?


ボクは 今度は女神の右手をしっかり指差して
ハッキリ答えた

その 光る金の石!!


女神は 哀れみの表情を浮かべ


愚かなる若者よ 私は 人間の欲望は否定しません
しかし 己を欺くことは 大きな罪です


そう言って 女神は 静かに又 みずうみの中へ 消えようとしました


フフフ 逃げるんだ 強欲な女神は!


!? … 何を言いだすのやら
逃げるのではありません
終わったのです

愚かなる若者よ お前はチャンスを棒に振ったのです


そんなクサい芝居しなくたって
その光る金の石が 欲しいならあげるよ
ボクはあんまり欲とかないんだ

その金で ネックレスとか作るといいかもね!
美しい女神さんに 似合うと思うよ


黙りなさい!


女神はまっすぐ若者の目を見据えています
ただその瞳は微かに震えていました






  1. 2017/07/04(火) 00:49:06|
  2. みずうみ

みずうみ 3


女神は じっと若者を見ています


… わからぬ このみずうみを訪れることができるのは
選ばれた者のみ


どうして お前のような 愚か者が


フフフ 係の人が ミスしたのかもね
人間は必ずミスをする
神々もたまにミスをするってことだね


おやめなさい その減らず口をいいかげん閉じるのです
それとも 閉じさせてもらいたいのか


フフ 本性が 現れたね


私は 愚かなお前の為に 言っているのです
己を欺くのは まだしも 神に対する暴言など許されません


ボクがいる世界はさ ただただ単純に暴力が全てを支配しているんだ
一番 野蛮で低脳 簡単なやり方

神々の世界もやっぱり同じみたいだね



… わからぬ

お前はこの金の石は お前が投げたものだと
そう言い張るのですね


そう 女神さんは全て見ている 知っている そうなんでしょう?
ボクが 投げたのは 間違いなくその光る金の石

聞かなくとも 分かってるはずなのに フフフ



お前は お金が余ってるようには見えぬが
何故 大切な金の石を みずうみに投げたのです?

なんとなく 女神さんに会えるような気がしてさ
すると 会えた
ごていねいに 2つの石を持って

ボクをためそうとしたんだ
アメとムチ いつものパターンで
もう何千年も飽きもせず そうやってきたんだろうね

でも ボクには 効かないよ
だってボクにとっては その石は
どちらも何の価値もないただの石コロだもの


女神は ため息まじりの小さな笑いとともに

なるほど… 分かりました
お前は 周りの世界が 見えていない
幼稚で愚かなナルシストなのですね






  1. 2017/07/05(水) 00:14:11|
  2. みずうみ

みずうみ 4


この光る金の石は お前の物などでは ありません
この石は 選ばれし者への 神からの ギフト


選ばれし者への!? ハハハ

ボクが いる世界では 選ばれし者が ホントにわずかな人達が
神からのギフトを ずうっと独占しているよ!

ボクは 昔から疑問だった
選ばれし者が 神の声を聞いたという 神を見たという

でも どうして それを神だとその人は信じちゃったんだろう?

どうして その回りの人達は そのことを信じちゃったんだろう?
その人以外は 誰も神の声すら聞こえてないのにね!

ボクは ずっとインチキだと思ってたんだ
でも 今日女神さんに会って
うそじゃなかったって わかったよ!
神々は 本当にいるんだって

そして はっきり分かった!

ボクが 会いたいと思う神サマは
少なくとも あなた達ではないと…



女神は 微動だにせず まっすぐ
若者を 見据えています


ボクが知ってる 人類の歴史は
それはそれは凄惨で残酷な争いの繰り返し

正義のため 自由のため 平和のため
何年も 何十年も 何百年も 何千年も
飽きもせず ず〜と ず〜と戦っている

でもホントは 全て 一握りの 選ばれし者達の利益のため
ただそれだけのために 戦わされてるだけ

ホントに この知的生命体ってヤツは
他にやることないのかな とか思うんだけどね


でもしょうがないよね
神々も 暴力で支配するシステムしか作れてないみたいだし



愚かな… お前達人間の世界のシステムは
お前達自身で作り出したもの

神々は 何も関与していません


そうかな? 女神さんは ボクの前に現れ
選ばれし者とか言ってるよ
少なくとも この世界のシステムに
正当な理由を 与えているよね


… もうよい
お前は 生まれかわり もう一度
しっかりと学びなおすがよい


女神は そう言うと
光る金の石を持った 右手を
ゆっくりと 若者の方へ向けました







  1. 2017/07/06(木) 00:57:32|
  2. みずうみ
次のページ